単価相場と給料年収

ここではSEやPGの単価の相場と、そこからわかる給料や年収について記載していきます。これから募集案件を探して転職しよう、新卒でSEやPGを目指してみたいなと思ってる方は参考にしてみてください。

会社で働くということについて

単価云々の前に、労務費や間接費について知らない方は会社で働くということについてざっくり把握しておきましょう。

会社の中にはSEやPGのように実際にそのプロジェクトに携わる人以外に、経理、人事、部長など直接は携わらない人がいますので、プロジェクト内でそういった人たちの分も稼がないといけません。

一般的にSE1人が自分の給料を稼ごうとするとその2倍~3倍は売上を上げないといけないと思っておく必要があるという感じです。

 

単価相場

さて、SEとPGの単価についてですけど企業規模によって様々であるという点と、企業の言い値であるという事を先に申し上げておきます。

ちなみに以前自分が勤務していたSIerではSEは1人月100万円~130万円の単価でやっていました。PGは80万円~100万円です。

高いか安いかはお客さんが決めることですし、その価格の説明、説得ができれば問題無いと思っています。ここはビジネスセンスがあるかどうか、や営業力、信頼度の部分だと思います。

相場よりも高いとか、ボッタクリすぎだ、適正価格では無い、などと内部から声が上がったこともありますが、そんなのは負け犬の言い訳にすぎず、会社というのは利益を出してなんぼ、お客さんに喜んでもらってナンボなのでうまくやればそれぐらいの単価で行けるということです。

ということは一般的にはこの1人月130万円は高い方だと思ってよさそうです。

下請けのPGさんが上級で80万、3年目程度で60万円だったのでPGの単価相場はこれぐらいでしょう。あと外資系のコンサル会社とかは単価200万とか取りますので、それは別で考えてください。

 

給料年収

SEとPGの給料、年収についてですが、多くの会社では新卒だと高卒で18万/月、大卒で20万円で、ここは上場企業も非上場企業も変わらないすね。

中途になるとやはり企業規模で変わってくる事が多いです。一部上場の30歳SEは年収500万円いきます。役職と残業代入れれば700万も見えてきます。

逆に中小企業のSIerだとプログラマ35歳でも月収20万円、残業代は月30時間まで、ボーナス2ヶ月で年収350万~400万という事もあります。

「お金がすべてじゃない!」なんてカッコイイ言葉を使ってみたいですけど、お金があれば様々な問題を解決できるし家族にいい暮らしを提供できます。30代でそこそこ稼げないとやっていけませんしね。。

ということでSE PGの募集を攻略するとなると、年収がよい「会社」を選択して行くことになるなと思います。僕も転職を決断した理由は年収というのが第1に挙げられます。