SEとPGの仕事の適正

SEとPGは職種ですがその中にも様々な職域があって1つ1つについて言及することは難しいです。なので一般的なSEとPGの仕事の適性について歴10年を超える僕から何かお伝えできることがあればなと思いました。

まずSEについてですが、受託契約の仕事の領域を見たときにお客さんとの交渉や仕様を詰めたりといった事が必要です。バグや問題が起こったときに矢面に立つ事になるのでコミュニケーション能力は必要です。また設計書を作成するので論理的思考が必要ですね。それとソフト開発の品質を管理する書類やマニュアルの作成、納品に関わる書類なども作成しますから書類作成能力もあるといいです。システムという難しい世界をわかりやすく伝えることです。コミュニケーション力といってよく勘違いする人が多いのですが世間話が出来るとか、初対面でも話が出来るとか、接待ができるとかそういう話ではなくて、相手のことを聴く能力、わかりやすく伝える能力が必要になってくるだけです。誠実な対応、人としての在り方をしっかりしてれば大丈夫です。そういう適正という意味ではSEは文系の人でもなれることがあります。

つぎにPGについてですが、プログラミングに特化した仕事ですのでこのスキルが無いといけません。未経験でもできるとは思えません。専門学校や大学で授業を受けたひとであれば問題ないです。プログラマはSEとは違って客先に行く事があまりありませんので、しゃべりが下手な人でも多少は問題ありません。僕自身は人としゃべるのが嫌いなのでPGを目指したクチです。ただしプログラミングの正確さ、スピード、多様な言語の習得、日々進化する新しい技術にたいして興味を持って情報収集するなどの適性もあると良いと思います。

SEとPGの未経験OKの募集は?

なぜかわかりませんが未経験でもSEやPGになりたいという人がたまにいます。その場合は「未経験OK」となっている募集案件を探していくことになります。転職サイトや求人サイトをくまなく探せばあると思います。100件中1件ぐらいだと思います。

技術屋の世界なので概ね中途の経験者採用がおおいわけです。可能性の否定はしませんが、熱意があれば採用もされると思いますよ。最初から「SEやPGは激務なんでしょうか」とか「残業は多いんでしょうか」とか「未経験でもできますか」とか言ってるような人では駄目だと思います。

「未経験だけどなんでもやりますから教えて下さい。」「寝る間を惜しんで勉強しますから採用してください」ぐらいの熱意が無いと企業側も採用しないんじゃないかな。新しい人材を最初から教育するほど体力がある会社ってそうそう無いですから。